デニムドレス

名称未設定-2
=====
型紙:上半身/Billie、 スカート/Ella、 PDF型紙付き本「BOUNDLESS STYLE」より
生地:レーヨンデニム。しなやかで中厚。着やすい、涼しい。
=====

コントラストの襟はフラミンゴ柄の手ぬぐい。
色合いがとても合っていたので、これを見つけてすべてがサッと決まった。

仕様などその他

前身頃ウエスト上部分にリボン、両肩にフリルを追加。
脇コンシールファスナーあき。

上半身前見頃が折り畳みになっていて、
後ろ身ごろはダーツになっているため、ウエストが絞られた形。
リボンで絞っているのではなくて、リボンは飾り。

スカートはバイアスで前後同型(!)。

スカートのボリュームが足りないかと少し心配したけれど、
結果としてスラリとしていい形になったと思う。

前スカートにポケットを追加。
Vogue2900のスカートポケットの分量を参考。

裾ヘムに2本平行にミシンをかけ裾を固めに仕上げた。

フリル端は変形巻きロックで処理。
フリル型紙は適当に作成、ほぼのの字型にぐるぐる。

広告

V2900/Summer wool

160624

=====
型紙:Vogue 2900 styleA petite サイズ8
生地:サマーウール、弱ストレッチ、軽い、ドライ、一枚で着用可能
=====

補正
肩縫い代で丈を-0.5cm
ウエスト辺りだけウエストをなだらかに-2cm(@ウエスト切り替えより5cmほど上)
肩幅マイナス1cm@肩先

変更
後ろファスナーを左脇ファスナーに
前後スカート・前後切り替えベルト・後ろ身頃を「わ」で裁断
スカート丈10cm延長

V2900/Vlisco fabric

150801-V2900

=====
型紙:Vogue 2900 styleB petite サイズ8
生地:固い平織りの綿、アフリカンワックスプリント、うぐいす色に茶色メインの柄、張りあり、垂れなし
=====

補正
肩縫い代で丈を-0.5cm
ウエスト辺りだけウエストをなだらかに-4cm(@ウエスト切り替えより5cmほど上)
肩幅マイナス7mm@肩先

変更
後ろファスナーを左脇ファスナーに
前後スカート・前後切り替えベルト・後ろ身頃を「わ」で裁断
スカート丈5cm延長

love sewing! ドルマンスリーブT / 白

150713-DSC_8087
=====
型紙:後ろリボンのドルマンチュニック
生地:ポリ混のコットンジャージー(多分)
一枚で着られる白いニット、サラリとしてしっかりめ。厚さは普通。ピンストライプの様な編み地。伸縮性は中程度の低め
=====

裾から脇への長さが少なく腕を上げるとお腹が出やすいので、4cmほど切り開きつつ脇線の「くり」を深くして脇線を伸ばす。固めの布だがシルエットに特に大きな影響はでなかった様子。

前襟ぐり少しVの感じに変更。襟ぐり1cm大きくとり少し横に大きく

後ろリボンなし、襟ぐり袖口は横地共布でパイピング、裾は約90cmx8cmの二つ折り切り替えをロック付け

リネンのAlderシャツ

150721-DSC_8300=====
pattern: Alder from Grainline Studio
fabric: 麻、平織、一枚で着られる、茶系の薄ピンク
=====

サイズ6(ひとつ小さい)
肩から脇までの長さマイナス1cm、後ろ袖ぐりマイナス2cm
マンダリンカラー
シャツ丈
胸にワンポイント刺繍

 

カシュクールシャツ / ピンクベージュのリネン

150713-DSC_8083=====
pattern: Alder from Grainline Studio
fabric: 麻、平織、一枚で着られる、茶系の薄ピンク
=====

サイズ4(二つ小さい)
方から脇までの長さマイナス1cm、後ろ袖ぐりマイナス2cm
身幅を切り開いて裾をフレアに(地の目そのままにした。よって前立ては地の目にならない)
マンダリンカラー
ボタン前立てに5個、脇で止める用に左右1個ずつ(脇に穴)

バスト補正してみたら胸のゆとりが大きすぎる感じだったのでやめてデフォルトバストカップで制作した(身幅出しているのでサイズ的には4でオリジナル制作した場合は寸が足りないかもしれない)、あまりカップは大きくせずデフォの方がいいかも。

カシュクールに作りかえようと試みたけれど、うまくいったのかどうかちょっとよくわからない。でもそんなにヘンではない気もするし…しばらく様子見。

生地はものすごく似合うので、できればもう一着普通のノースリーブシャツを作りたい。